女性特有の疾患と日本の医療に関して

医療

女性特有の疾患と日本の医療に関して

男性と女性では、身体の特徴が大きく異なります。
男性特有の疾患もありますが、女性の場合は恥ずかしさから検査を後回しにしてしまうことがあります。
子宮がんや乳がんがそれに該当し、発見の遅れによって命を落としてしまうことがあります。
しかし、現在の検査は格段に進化を遂げています。
乳がん検診ではマンモグラフィーが効果的ですが、昔のように痛みを感じることは少ないはずです。
また、女医の数が増えているので、安心して悩みを打ち明けることが出来るのではないでしょうか。
腫瘍マーカーの検査を受けることも出来ますし、苦痛のないがん検査が出来る時代になっています。
世界に比べても日本の医療は進境が著しいですし、がんを撲滅出来る日も近いのではないでしょうか。
その一方で、糖尿病等の生活習慣病は増えています。
日頃の節制が健康的な身体を作りますし、素敵な未来を描けるのではないでしょうか。
大変ではありますが、命を守る一歩だと言えます。